ラミネートに関する情報ならお任せ下さい。ラミネート情報サイト「ラミNAVI」

ラミネート総合情報サイト「ラミNAVI」 home お問い合わせ サイトマップ
 
 
sidemenu
LINK
 
リンク
お知らせ
  ラミNAVI ラミネーターのページへ
ラミネーターフィルムのページへ
 

ラミネーターフィルムとは

現在主流となっているラミネート加工で最も使用されているラミネートフィルムは大きく分類すると三種類あると言われています。
尚、ここではわかりやすく私達がよく目にするホットラミネート加工の際のラミネートフィルムに焦点を当てて記載していきたいと思います。

普段私達が良く目にする病院の診察券や、レストランでのメニュー、またはビデオ屋さんの会員カードなどがありますがこれらは一般的には、PETフィルムと称されているタイプのラミネートフィルムムです。
このフィルムの特性は生活耐水はもちろん耐熱性にも強く、または曲げや防湿性にも優れているとされています。
これだと財布の中に入れてあっただけで劣化したり、使いたいときに破けて使えないなどのトラブルも無くなるのです。
他にも写真館などで撮影した場合などは大半は固いシートで覆われて渡されると思うのですが、これもラミネートによる加工なのです。
この時もPETフィルムフィルムが使用差rている場合が多く、透明感があり尚かつ艶があって汚れにくい等の特徴があります。ですので、写真館などでも多様されているなどの実績と信頼があるのです。

屋外での使用の際には屋外専用のラミネートフィルムもあり、この場合は天候性に非常に優れていて紫外線はもちろんのこと、風雨に対しても大きな効力を発揮します。
長期的に屋外に設置するものなどの場合は、多少初回に金額がかさもうとも、何度も何度も安価なラミネートフィルムを施した物を買い換えるよりは断然経済的で環境的です。

その他の素材で挙げますと、PP(通称:ポリプロピレン)などがあります。
これは雑誌の表面や、食材梱包、または簡易的なラミネートとして多様されているラミネートフィルムです。
長期的に見ると、上記のラミネートフィルムには多少劣りますが、それはそれぞれに適したフィルムを施しているからです。

食材梱の場合はやはり早めに食べないといけない点もあり、そこまで長期的にみて高価なラミネートを施す必要があまりないことや、雑誌単位で見ても毎週新刊が出たり、毎月新刊が出たりなどあまり長期的なスパンでみた商品ではないからとされています。
上記で挙げたような家族写真などはやはり長期的なスパンでみるのが当然であり、そうでなければわざわざ写真館にまで行って撮影する意味も見いださせません。
ラミネートフィルムとは各自で消費の動向を見たり、推測しながら最も最適な使い方をされているのです。

pickup

サッポロビール
http://www.sapporobeer.jp/
貴金属 高価買取
http://kikinzokukoukakaitori.com/
データ入稿
http://www.niwa-p.co.jp/meishi/

Last update:2014/9/19

topへ